トップページ > 公認レシピブログ > bonneママの愛情レシピ

お料理はストレス解消。朝のお弁当作りから夜食まで時短レシピを目指してます。
普段、あまりお菓子作りをしない方でも気軽に作れるスイーツも提案します!

フローズンミルクセーキ

掲載:2018.07.31

豆乳と牛乳のハーフ&ハーフで
昔ながらのミルクセーキを作りました。

この夏はとても暑いので冷たい飲み物が欲しくなりますね。

冷凍庫でフローズン状になるまで凍らせて
コップに注ぎます。

お腹の調子も考えて砂糖はオリゴの王様(ガラクトオリゴ配合) にしました。

 

【材料】

2人分
牛乳:200ml
豆乳:200ml
卵黄:2個分
オリゴの王様(ガラクトオリゴ配合) :大さじ2
バニラエッセンス:4滴

【作り方】
  1. 1.

    ボウルに卵黄を入れます。

  2. 2.

    牛乳と豆乳を加えてよく混ぜ、オリゴの王様(ガラクトオリゴ配合)を入れます。

  3. 3.

    バニラエッセンスを加えます。

  4. 4.

    茶こしで濾します。

  5. 5.

    ラップをして冷凍庫でフローズン状になるまで凍らせます。
    途中、何度かよく混ぜましょう。

【つくり方のコツ・ポイント】

茶こしで濾すと口当たりがまろやかになります。
グラスは冷凍庫で冷やしておきましょう。
生卵を使用しますので早めに飲みましょう。

 

記事で紹介した商品

オリゴの王様(ガラクトオリゴ配合) (250g) 販売価格:540円(税込)

"オリゴの王様は熱や酸に強いガラクトオリゴ糖を配合した使いやすい液体タイプの甘味料です。

トマトとアボガドの甘いマリネ

掲載:2018.07.18

毎日暑い日が続いて夏バテ気味のときには
夏野菜をマリネにします。

今回は長野から完熟トマトが届いたので
マリネ液に砂糖を加えてスイートマリネにしました。

砂糖はグラニュ糖を使い、自然のトマトの甘みを大切にしました。

野菜を小さめにカットしてバケットの上にのせれば
ブルスケッタにもなります。

 

【材料】

トマト:1個
アボガド:1個
玉ねぎ:1/2個
オリーブオイル:大さじ4
酢:大さじ2
グラニュ糖:大さじ2
塩:少々
こしょう:少々
パセリ:適量

【作り方】
  1. 1.

    玉ねぎはみじん切りにします。

  2. 2.

    トマトは一口大にカットします。

  3. 3.

    アボガドも一口大にカットします。

  4. 4.

    タッパにオリーブと酢を入れ、グラニュ糖を加え、しっかりと溶かすように混ぜます。

     

  5. 5.

    みじん切りの玉ねぎ、パセリ、塩、こしょうを入れます。

     

  6. 6.

    トマトとアボガドを入れ、軽く混ぜます。

  7. 7.

    冷蔵庫でしばらく漬けて出来上がり!

【つくり方のコツ・ポイント】

アボガドはかためのものを使いましょう。

記事で紹介した商品

グラニュ糖 (1kg) 販売価格:308円(税込)

結晶が白砂糖(上白糖)よりやや大きく、さらさらした感じの高純度のお砂糖です。クセがなく淡泊な甘味なので他の素材の風味をじゃますることなく引き立てます。コーヒーや紅茶に入れる甘味料として使われることが多いのも、素材の風味を引き立てる特長をもっているからです。お菓子づくりにも最も一般的に使用されているお砂糖です。

さっぱりピリ辛 きゅうりのたたき

掲載:2018.07.10

夏になると曲がったきゅうりも店頭に並びます。
きゅうりのたたきは、まっすぐなきゅうりにこだわる必要がなく
タッパにたっぷり作ります。

ピリ辛でお酒のおつまみにもぴったり。
白砂糖の量を増やせば子供たちのおかずにも。

数時間漬けるだけの簡単レシピは
あと1品欲しいときにとっても便利!!

 

【材料】

きゅうり:3本
塩:大さじ1
赤唐辛子:1本
しょうゆ:大さじ4
酢:大さじ2
ごま油:大さじ1/2
白砂糖:大さじ1
しょうがパウダー:小さじ1

【作り方】
  1. 1.

    きゅうりに塩をふって板ずりし、しんなりするまで少し置きます。

  2. 2.

    塩を洗い流して、めん棒などでたたきます。

  3. 3.

    5cm幅くらいに切ります。

  4. 4.

    タッパにしょうゆ、酢、ごま油、白砂糖、赤唐辛子の輪切り、しょうがパウダーを入れ混ぜます。

  5. 5.

    きゅうりを入れて冷蔵庫で3時間ほど漬け込みます。

【つくり方のコツ・ポイント】

しょうがはしぼり汁がないときにパウダーを常備しておくと便利!

記事で紹介した商品

白砂糖 (1kg) 販売価格:282円(税込)

どんな料理や飲料にも合う一番一般的なお砂糖です。一般に上白糖とも呼ばれ、しっとりとしているのが特長です。日本で使われているお砂糖の約半分がこのお砂糖です。調理用・菓子用・飲み物などにお使いいただけます。

キャラメルポテト

掲載:2018.06.27

大学芋のキャラメルソースバージョンです。
子供の学校給食で紹介されたレシピで子供たちの大好物。

今回はきび砂糖でさらにコクを出しました。

特に薄味のさつまいものときにとても重宝します。

お茶のお供にぜひ!!

【材料】

さつまいも:3本
きび砂糖:大さじ3
バター:大さじ2
揚げ油:適量

【作り方】
  1. 1.

    さつまいもはきれいな皮だけ残し、1~1.5cmの角切りにします。

  2. 2.

    しばらく水にさらします。

  3. 3.

    水気をしっかり取って、180℃の油できつね色になるまで揚げます。

  4. 4.

    さつまいもが揚がったらキャラメルソースを作ります。

  5. 5.

    きび砂糖とバターを鍋に入れ、キャラメル状にします。

  6. 6.

    揚げたさつまいもにキャラメルソースを回しかけて混ぜます。

【つくり方のコツ・ポイント】

キャラメルソースは煮詰めるすぎると分離してしまうので注意!


記事で紹介した商品

きび砂糖 (750g) 販売価格:410円(税込)

カップ印の大人気商品です。豊かな風味をもっているだけでなく、サラサラとした細かい粉末であることが特長で、おいしいだけでなく、料理やお菓子づくりに非常に扱いやすい点も好評のお砂糖です。

フライパンで簡単!もっちり甘いナン

掲載:2018.06.20

こねる作業もさほど気にせず、一次発酵だけだから
パン作り初心者におすすめのナン。
こね具合もさほどきにしなくても大丈夫。

白砂糖とはちみつで甘めに作りました。

フライパンでさっと両面を焼いて熱々をちぎって
お好みのカレーでどうぞ!

アレンジで流行りのチーズナンも楽しめます♪

【材料】

<6枚分>

強力粉:300g
白砂糖:30g
はちみつ:大さじ2
塩:小さじ1/2
ドライイースト:小さじ2
バター:10g
お湯:180ccくらい

【作り方】
  1. 1.

    大きめのボウルに強力粉を入れ中央をへこませ、そこに白砂糖、塩、ドライイーストを入れます。周りにははちみつを入れます。

     

  2. 2.

    中央に人肌程度に温めたお湯を1/3量入れて泡立て器で混ぜます。

  3. 3.

    泡立て器から手に変え、残りのお湯を加えて全体がなじむように混ぜます。

  4. 4.

    まとまってきたら台の上に出してこねます。バターを練り込んでさらにこねます。

  5. 5.

    丸めてみると表面がまだざらついています。


  6. 6.

    次は台の上にたたきつけます。

  7. 7.

    表面がツルツルしてくるようになります。

  8. 8.

    ボウルにまるめた生地を入れ、ラップをかけてオーブンの発酵(35~40℃)で1時間発酵させます。

  9. 9.

    約2倍にふくらんだら、台の上に取り出し、ガスを抜きながらまとめます。6等分に分け、丸めて台の上に並べ、乾燥しないようラップをして5分くらい休ませます。

  10. 10.

    めん棒や手でナンの形に伸ばします。油をひかないフライパンで両面を焼いてできあがり。

     

【つくり方のコツ・ポイント】

生地にバターを混ぜ込むため、お湯は少なめです。バターを加える前の生地はベタベタしていないほうがベスト。

生地を伸ばしてチーズを挟んだり、6等分に分ける際にチーズを中央に入れてからのばすとチーズナンができます。

 

記事で紹介した商品

白砂糖 (1kg) 販売価格:282円(税込)

どんな料理や飲料にも合う一番一般的なお砂糖です。一般に上白糖とも呼ばれ、しっとりとしているのが特長です。日本で使われているお砂糖の約半分がこのお砂糖です。調理用・菓子用・飲み物などにお使いいただけます。