トップページ > 公認レシピブログ > bonneママの愛情レシピ

お料理はストレス解消。朝のお弁当作りから夜食まで時短レシピを目指してます。
普段、あまりお菓子作りをしない方でも気軽に作れるスイーツも提案します!

朝にもおすすめ!バナナサンド

掲載:2019.07.30

生クリームとカスタードクリーム、バナナを
黒い(ライ麦など)食パンで挟んだバナナサンドイッチ!

デザート感覚ですが朝にもおすすめです。

バナナは色が変わるのを防ぐためにレモン汁をかけます。

サンドイッチを作った後、しばらく冷蔵庫で冷やして
クリームが落ち着いてからカットしましょう。

 

残った材料で流行りのカップデザートを作りました。

 

 

 

【材料】

ライ麦などの黒食パン:4枚
バナナ:4本
生クリーム:100cc
フロストシュガー:大さじ1

<カスタードクリーム>
・卵黄:1個分
・牛乳:100cc
・バター:大さじ1
・フロストシュガー:大さじ2
・コーンスターチ:大さじ1
・バニラエッセンス:適量

【作り方】
  1. 1.

    カスタードクリームを電子レンジで作ります。
    ボウルに牛乳、フロストシュガー、コーンスターチを入れよく混ぜ、ラップをかけて電子レンジで約1分半加熱します。

    取り出したらすぐにバターと卵黄を加えて泡立て器で混ぜます。最後にバニラエッセンスを加え、冷ましておきます。

  2. 2.

    別のボウルに生クリームとフロストシュガーを入れて氷水を当てながら泡立てます。

  3. 3.

    8分立てより少しかために泡立てましょう。

  4. 4.

    食パンにカスタードクリームを塗ります。

  5. 5.

    反対側にはホイップクリームを塗ります。

  6. 6.

    バナナは皮をむき、レモン汁をかけます。

  7. 7.

    カスタードクリームの上にバナナを置きます。

  8. 8.

    隙間をホイップクリームで埋めましょう。

     

  9. 9.

    サンドしてラップで包み、しばらく冷蔵庫で落ち着かせます。

  10. 10.

    カットしてできあがり!!

【つくり方のコツ・ポイント】

材料が残ったら食パンをスポンジに見立てて、カップデザートを作りましょう。
バナナの他にいちごやオレンジ、缶詰のフルーツもいいですね。

記事で紹介した商品

フロストシュガー (1kg) 販売価格:557円(税込)

フロストシュガースタンドパックは、冷たい水にもサッと溶け、ソフトな甘さのお砂糖です。ヨーグルトやアイスコーヒーなどの冷たい飲み物にお使いいただける他、空気を含んだ顆粒ですので生クリーム、メレンゲ、スポンジ生地の泡立てなどのお菓子づくりにもおすすめです。

フロストシュガースタンドパック (300g) 販売価格:280円(税込)

フロストシュガースタンドパックは、冷たい水にもサッと溶け、ソフトな甘さのお砂糖です。ヨーグルトやアイスコーヒーなどの冷たい飲み物にお使いいただける他、空気を含んだ顆粒ですので生クリーム、メレンゲ、スポンジ生地の泡立てなどのお菓子づくりにもおすすめです。

我が家の唐揚げ

掲載:2019.07.11

お肉に砂糖を揉み込むことで加熱後のお肉が柔らかくなると知ってから
我が家の唐揚げはまず白砂糖を使うようになりました。
入れすぎると甘い唐揚げになってしまうのですが
実はそれが我が子たちに好評!!

ほんのり甘い唐揚げバージョンとして我が家の唐揚げの1つになりました。

 

ジューシーに仕上がるのはマヨネーズと卵白のおかげ。

片栗粉は軽くまぶすだけにします。

 

【材料】

鶏肉:1枚
白砂糖:大さじ1
マヨネーズ:大さじ1
しょうゆ:大さじ2
酒:大さじ1
卵白:1個分
片栗粉:大さじ3くらい

【作り方】
  1. 1.

    鶏肉を6~8等分に切ります。

  2. 2.

    タッパに鶏肉を入れ、白砂糖を揉み込みます。

  3. 3.

    次にマヨネーズも加え、しっかりと混ぜます。

  4. 4.

    酒、しょうゆ、卵白も加えてよく混ぜ、一晩置きます。

  5. 5.

    油を熱して、鶏肉に片栗粉をまぶし、揚げます。

【つくり方のコツ・ポイント】

忙しいときでも30分は漬け込みましょう。
二度揚げするとさらにからっと揚がります。

記事で紹介した商品

白砂糖 (1kg) 販売価格:282円(税込)

どんな料理や飲料にも合う一番一般的なお砂糖です。一般に上白糖とも呼ばれ、しっとりとしているのが特長です。日本で使われているお砂糖の約半分がこのお砂糖です。調理用・菓子用・飲み物などにお使いいただけます。

オレンジの砂糖漬け

掲載:2019.06.30

フルーツなどを砂糖で漬けることをコンフィといいます。
今回は、お鍋に入れて煮るコンフィではなく
ただフルーツと同じ量のグラニュ糖で漬けるだけ。

 

 

オレンジ以外にもレモンやキンカン、いよかんなど柑橘類がおすすめ。

冷蔵庫で約2週間。グラニュ糖が溶けて馴染んだら食べごろです。

お湯を注いでオレンジホットドリンクにしても美味!
紅茶に浮かべたり、ケーキに焼き込んでも。

次回のブログでは、このオレンジのコンフィでマフィンを作ろうと思います。

 

 

【材料】

オレンジ:2個
グラニュ糖:オレンジと同量

 

 

 

 

【作り方】
  1. 1.

    オレンジはよく洗って水気を拭き取り3mmの厚さの輪切りにします。

  2. 2.

    瓶やタッパーにオレンジの輪切り、グラニュ糖を交互に重ねて詰めていきます。

  3. 3.

    最後はグラニュ糖で覆って蓋をし、冷蔵庫に入れ2週間ほどで食べ頃になります。

【つくり方のコツ・ポイント】

オレンジは皮が気になる際には皮を向いてもOK。

記事で紹介した商品

グラニュ糖 (1kg) 販売価格:308円(税込)

結晶が白砂糖(上白糖)よりやや大きく、さらさらした感じの高純度のお砂糖です。クセがなく淡泊な甘味なので他の素材の風味をじゃますることなく引き立てます。コーヒーや紅茶に入れる甘味料として使われることが多いのも、素材の風味を引き立てる特長をもっているからです。お菓子づくりにも最も一般的に使用されているお砂糖です。

オリゴ糖入り☆ホワイトチョコのシリアルバー

掲載:2019.06.27

お好みのグラノーラやコーンフレークを
溶かしたマシュマロとチョコレートに混ぜて
冷蔵庫で固めるだけの簡単なシリアルンバーは
子供たちのおやつにぴったり!

 

ガラクトオリゴ配合のオリゴの王様も入れて
オリゴ糖入りし、さらに栄養満点です。

 

 

【材料】

ホワイトチョコレート:1枚(50gくらい)
マシュマロ:1袋(80gでした)
フルーツグラノーラ:50g
コーンフレーク:50g
オリゴの王様(ガラクトオリゴ配合):大さじ2

【作り方】
  1. 1.

    マシュマロをボウルに入れ、電子レンジで30~1分、様子を見ながら溶かします。

  2. 2.

    フルーツグラノーラとコーンフレークを入れて混ぜます。

  3. 3.

    そこにオリゴの王様を大さじ2入れて混ぜます。

  4. 4.

    ホワイトチョコレートを器に入れて電子レンジで溶かします。
    全体に溶かしたホワイトチョコレートを回しかけます。

  5. 5.

    ラップを敷いたバッドに流し入れ、表面を平らにして冷蔵庫で冷やし固めます。

  6. 6.

    バッドから出してお好みの大きさに切り分けます。

【つくり方のコツ・ポイント】

チョコレートは電子レンジで溶かす際、時間オーバーになると固く焼けてしまうので注意しましょう。

記事で紹介した商品

オリゴの王様(ガラクトオリゴ配合) (250g) 販売価格:540円(税込)

"オリゴの王様は熱や酸に強いガラクトオリゴ糖を配合した使いやすい液体タイプの甘味料です。

梅シロップで使った梅で梅ジャム作り

掲載:2019.06.25

梅1kgと氷砂糖1kgで作った梅シロップが出来上がったら
梅だけを鍋に入れて、さらに氷砂糖を足して
煮詰めて梅ジャムを作りましょう。

 

昔なつかしい駄菓子屋さんのあんずジャムに似ています。

 

 

 

【材料】

梅シロップから取り出した梅
氷砂糖クリスタル:200g
水:適量

【作り方】
  1. 1.

    梅シロップを作った後の梅の実と氷砂糖クリスタルを鍋に入れ、中火で煮ます。
    (鍋はホーロー鍋がおすすめ。アルミ製は避けます。)

     

  2. 2.

    アクが出てきたら取り、果肉が柔らかくなってきたら弱火にして種を外していきます。

  3. 3.

    水分調整で水を足し、とろみが出るまで煮詰めます。
    (全部で約10分くらい)

【つくり方のコツ・ポイント】

煮詰めすぎると、瓶に詰めた後に固くなりすぎるので注意。

記事で紹介した商品

氷砂糖クリスタル (1kg) 販売価格:658円(税込)

ロックと比較して粒径の大きさは均一で小さめです。果実酒をお作りになられる場合は、クリスタルとロックのどちらをお使いになってもできあがりにほとんど差はありませんので、お好みでお使いいただけます。