トップページ > 公認レシピブログ > bonneママの愛情レシピ

お料理はストレス解消。朝のお弁当作りから夜食まで時短レシピを目指してます。
普段、あまりお菓子作りをしない方でも気軽に作れるスイーツも提案します!

いちごのロールケーキ

掲載:2019.02.16

いちごが店頭に並ぶようになりました。


いちごのショートケーキもいいのですが
今回はロールケーキ!

ロールケーキのスポンジ生地は
卵黄と卵白を別々に泡立てるのですが
このロールケーキはスフレの要領で
卵黄は泡立てません。
スフレのようにふんわり焼き上がります。

コツは焼き上がったスポンジを
ビニール袋に入れて冷ますだけ!
パサパサしたスポンジ生地になりません。

ふんわりしっとりのロールケーキは
まるでお店で買ってきたみたい!

季節のフルーツやお好きな果物を刻んで
巻いてもいいですね。

余ったスポンジや生クリームでパフェも作りました。お菓子作りの特権です。

【材料】

薄力粉:40g
ベーキングパウダー:小さじ1/2
無塩バター:30g
牛乳:50cc
卵(全卵):1個
卵黄:2個分
卵白:4個分
白砂糖:60g

生クリーム:150cc
白砂糖:30g
いちご:8個くらい

【作り方】
  1. 1.

    小鍋に牛乳と無塩バターを入れ、沸騰したら火からおろし、
    薄力粉とベーキングパウダーをふるって一度に入れ、手早く混ぜ、ひとまとまりにします。そこに溶いた卵黄と全卵を5回に分けて入れてよく混ぜ、ボウルに移します。

     

  2. 2.

    別のボウルに卵白を入れ、泡立てます。途中で白砂糖を加え、さらにしっかりと泡立てます。

  3. 3.

    メレンゲの1/4を先ほどのボウルに入れ、切るように混ぜます。

  4. 4.

    混ぜたらメレンゲのボウルに入れ、底からすくうように混ぜます。

  5. 5.

    クッキングシートを敷いた天板や型に流し入れます。

  6. 6.

    ケーキカードやスパテラなどで平らにします。

  7. 7.

    180℃のオーブンで20分焼きます。

  8. 8.

    焼きあがったらそのまま、ビニール袋に入れて冷まします。

  9. 9.

    冷ましている間に生クリームを泡立てます。氷水に当てたボウルに生クリームと白砂糖を入れ、8分立てに泡立てます。

    生クリームを平らに塗り、手前にヘタを取ったいちごを並べます。

     

  10. 10.

    手前からラップごとくるくる巻いて、巻終わりを下にし、冷蔵庫で30分冷やしてからカットします。

【つくり方のコツ・ポイント】

<ロールケーキのカット方法>
ケーキをきれいにカットするにはパンやケーキ用のナイフがベスト。お湯を沸かして、ナイフにかけキッチンペーパーで拭き取って
カットします。1回カットする度に繰り返しましょう。

<余ったら>
スポンジの端や余った生クリーム、いちごでストロベリーショートケーキパフェを作りましょう!アイスクリームを添えてもいいですね。

記事で紹介した商品

白砂糖 (1kg) 販売価格:282円(税込)

どんな料理や飲料にも合う一番一般的なお砂糖です。一般に上白糖とも呼ばれ、しっとりとしているのが特長です。日本で使われているお砂糖の約半分がこのお砂糖です。調理用・菓子用・飲み物などにお使いいただけます。

ホットミルク・ロワイヤル

掲載:2019.02.10

Cafe Royal(カフェ・ロワイヤル)の温かい牛乳版を作りました。
ほっこりのんびり夜に一息するときに飲みます。

Cafe Royal(カフェ・ロワイヤル)は、
コーヒーカップに角砂糖をのせたスプーンを置き
スプーンの上で砂糖にブランデーを注ぎ火をつけフランベします。
その後、砂糖を沈めて飲みます。

お酒のフレーバーが飲み物に移るので
食後はエスプレッソもおすすめ。

今回はホットミルクとフランス風角砂糖、グランマルエで作りました。
フランベでアルコールを飛ばしビターオレンジの香りを楽しめます。

演出でフランベする際は、明かりを落としてくださいね。

 

【材料】

牛乳:200cc
フランス風角砂糖:1~2個
グランマルニエ:少量

【作り方】
  1. 1.

    電子レンジで牛乳を温めます。

    スプーンにフランス風角砂糖を置き、グランマルニエを垂らします。

  2. 2.

    火をつけてフランベします。

  3. 3.

    スプーンをカップに沈めてかき混ぜます。

【つくり方のコツ・ポイント】

ブランデー、ラム酒など高アルコール度数のお好みの蒸留酒でお楽しみください。

記事で紹介した商品

フランス風角砂糖(250g) 販売価格:324円(税込)

味覚に厳しいフランス人の人々に100年以上愛され続けてきた、形が不揃いで、結晶の大きさもさまざまな砂糖を固めたタイプの角砂糖です(国産品)。白と茶色の二色の角砂糖が入っています。素朴な風合がティータイムやコーヒーブレイクに上品な雰囲気を醸し出します。

レンジdeさつまいもの黒糖蒸しパン

掲載:2019.01.31

蒸し器がなくても簡単に作れるカップ蒸しパン。

今回は、粉末焚黒黒砂糖(加工黒糖) を使い、黒糖蒸しパンにしました。
黒糖に合うさつまいもと黒ごまは味のアクセントになります。

黒糖は温かい牛乳に溶かしてから混ぜます。

【材料】

薄力粉:120g
ベーキングパウダー:大さじ1/2
牛乳:50ml
粉末焚黒黒砂糖(加工黒糖) :50g
卵:1個
サラダ油:大さじ1
さつまいも:小1本
黒ごま:適量

【作り方】
  1. 1.

    さつまいもの皮をむき、1cm角に切り、電子レンジで約1分半、加熱します。

  2. 2.

    牛乳を電子レンジで30秒程度温め、粉末焚黒黒砂糖(加工黒糖) を入れ、溶かします。

  3. 3.

    ボウルに卵を入れ、泡立て器でほぐし、牛乳と粉末焚黒黒砂糖(加工黒糖) 、サラダ油を入れて混ぜます。

  4. 4.

    薄力粉とベーキングパウダーを一緒にふるい、加えます。

  5. 5.

    カップに生地を1/3ほど入れ、上にさつまいもと黒ごまをのせます。

  6. 6.

    電子レンジで1分半程度、加熱して出来上がり!

【つくり方のコツ・ポイント】

薄力粉の代わりにホットケーキミックスでもOK。

サラダ油の代わりに溶かしバターでもOK。

記事で紹介した商品

粉末焚黒黒砂糖(加工黒糖) (300g) 販売価格:399円(税込)

焚黒黒砂糖を粉末にしたものです。黒砂糖と原料糖を溶かし、それを煮詰めてつくる、苦みの少ないマイルドな味の加工黒糖です。黒蜜、煮物、お漬け物、果実酒などにもお使いいただけます。

スノーボールクッキー

掲載:2019.01.26

口に入れた瞬間、ホロッとサクサクの食感が特徴の
スノーボールクッキーは
卵を使わず、粉糖とナッツのパウダーだからこそ。

焼き上がったクッキーを
たっぷりの粉糖でからめて。

 

【材料】

無塩バター:100g
粉糖:50g
薄力粉:250g
アーモンドパウダー:60g
バニラエッセンス:数滴
仕上げの粉糖:適量

【作り方】
  1. 1.

    無塩バターはあらかじめ冷蔵庫から出しておき柔らかくしておく。
    ボウルに無塩バターを入れクリーム状にします。
    粉糖を加え、よくすり混ぜます。

  2. 2.

    バニラエッセンスを加えます。

  3. 3.

    アーモンドパウダーを入れ、さらにすり混ぜます。

  4. 4.

    ふるった薄力粉を数回に分けて加え、最後にひとまとめにします。

  5. 5.

    直径2~2.5cmの大きさに丸め、クッキングシートを敷いた天板に並べます。

  6. 6.

    180℃のオーブンで20分焼きます。

  7. 7.

    バッドに粉糖をたっぷりと入れ、焼き上がったクッキーを転がしながら粉糖をたっぷりまぶします。

【つくり方のコツ・ポイント】

アーモンドパウダーはくるみでもOK!
生地を丸く成形する際はギュッと固めるように。

記事で紹介した商品

粉糖(1kg) 販売価格:597円(税込)

コーンスターチを使用しない当社独自の製法でつくった粉糖です。パウンドケ-キやクッキー、洋菓子のデコレ-ション、チョコレート、バタークリームの練りこみなどにお使いいただけます。

冷めてもカリっとした大学いも

掲載:2019.01.20

冷凍食品の大学いもをそのまま、食べるとカリッとしていて美味しいですね。
手作りの大学いもは、出来たてならカリッと美味しいのですが、
時間が経つと水っぽくなってしまいます。

そこで今回は、あめを絡めたいもを冷水にさっと通して
カリカリ感を保つ方法で大学いもを作りました。

小分けにして冷凍しておけば、お弁当の一品にもなります。

【材料】

さつまいも:小4本
水:大さじ3
白砂糖:大さじ9
水飴:大さじ3
サラダ油:大さじ2

【作り方】
  1. 1.

    さつまいもはなるべく皮を残して、小さめにカットし、水にさらしアクを抜きます。

     

  2. 2.

    さつまいもを揚げていきます。きつね色になるまでしっかり揚げます。

  3. 3.

    なべにたれの材料を入れ火にかけ、きつね色になるまで中を混ぜずに静かに火にかけます。

  4. 4.

    揚がったさつまいもを鍋に入れ、さらに濃い茶色になるまで煮詰めます。氷水を入れたボウルにたれを絡めたいもを10秒くらい通します。

     

     

     

【つくり方のコツ・ポイント】

たれはきつね色になったらあっという間に焦げるので火から下ろすと慌てません。

氷水にはひとつずつ入れていきます。(固まってくっついてしまいます。)

記事で紹介した商品

白砂糖 (1kg) 販売価格:282円(税込)

どんな料理や飲料にも合う一番一般的なお砂糖です。一般に上白糖とも呼ばれ、しっとりとしているのが特長です。日本で使われているお砂糖の約半分がこのお砂糖です。調理用・菓子用・飲み物などにお使いいただけます。