トップページ > 公認レシピブログ > こらそんの美味しい台所 > 『手づくりずんだあん』でお手軽スイーツ♪ | 日新製糖公式ネットショップ「カップ印マーケット」

美味しく・楽しく、そして賢くお砂糖とつきあっていきたいな♪お砂糖についてさらに学びながら何か提案できたらいいなと思っています。

『手づくりずんだあん』でお手軽スイーツ♪

掲載:2014.03.22

きび砂糖など茶色いお砂糖スイーツスタンドパック粉末タイプクッキング健康志向

こしあんや粒あんはどこのスーパーでも必ず置いてあるものですが、
青大豆自体はあっても、ずんだあんは見かけないことが多いです。

でも、見かけないとなると、逆に食べたくなってしまいます。

そこで、お手軽に水煮の青大豆を使ってずんだあんを作り、スイーツにしてみました。

image1

白玉やフルーツと合わせたデザートや、

image2

蜂蜜を入れ、ゆるめに溶いたホットケーキミックスやパンケーキミックスなどを
焼いて作ったどら焼きの皮に挟んで、一口どら焼きを作ったりと、お手軽に楽しめますよ。

青大豆は水煮豆が手に入らなければ、冷凍の枝豆で代用されても大丈夫です。
春休みにお子さんと手づくり、というのもオススメです。(^^)

【材料】

青大豆水煮 皮を剥いた状態で100g

プレミアムきび砂糖 80~90g

水飴 小さじ1杯

水 20~30ml

塩 必要に応じて少々(水煮に少し塩味がついている場合は不要)

【作り方】
  1. 1.

    水煮の青大豆は薄皮を剥きます。

    ※塩味がしっかりついている場合は、薄皮を剥いた後に水に一晩つけて
    軽く塩抜きをします。

  2. 2.

    薄皮を剥いた青大豆の水気を切って、すり鉢ですりつぶします。

    ※フードプロセッサーを使われる場合は、20~30ml程度の水をここで加えてかけて下さい。

  3. 3.

    すりつぶした青大豆と分量の水、プレミアムきび砂糖、水飴を加え、
    混ぜたあと火にかけます。

  4. 4.

    焦がさないよう絶えず混ぜながら弱火で水分を飛ばし、
    あんを練り上げます。

  5. 5.

    容器に入れ、水滴がつかないようラップを表面にぴったりとつけてかけ、
    さらに蓋をして、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

【つくり方のコツ・ポイント】

・水飴はツヤを与えるために入れていますが、ない場合は少し砂糖を増やして下さい。

・今回はプレミアムきび砂糖を使いましたので、ずんだあんの色がうぐいす色になっています。きれいな若緑色にしたい場合は、白砂糖など白いお砂糖をご使用下さい。

・どら焼きの皮の生地に蜂蜜を加えているのは、焼き色を濃いめにつけるためです。

・青大豆の水煮がない場合は、煮ていただいてもかまいませんし、冷凍の枝豆を使われても大丈夫です。(少し色が違う程度です)

記事で紹介した商品

プレミアムきび砂糖 (400g) 販売価格:427円(税込)

カップ印の人気商品「きび砂糖」のプレミアム版です。原料を沖縄県産にこだわり、より風味豊かに仕上げています。豊かな香りが、煮物料理の他、乳製品や菓子にもよく合い、ヨーグルト、ホイップクリーム、クリームチーズを使ったレシピ、カラメル、スポンジケーキ、クッキーなどでおいしさを発揮します。あたたかい飲み物に入れてもコクのあるおいしさを演出します。


この記事を友達に教える 印刷する