トップページ > 公認レシピブログ > 甘い時間 > お家にあるもので半熟カステラ | 日新製糖公式ネットショップ「カップ印マーケット」

お砂糖を使って過ごす甘い時間・・・。
お砂糖と身近な材料で手軽に作れるレシピを紹介します。
ブログを見て頂いた方に「これ作ってみたい」「これなら作れる」と思って頂けるようなレシピを作れるよう頑張ります♪

お家にあるもので半熟カステラ

掲載:2013.12.24

家庭用小袋スイーツ粉末タイプお菓子づくり

ひよこ

IMG_5134

今回は「半熟カステラ」を紹介します。

材料は玉子・上白糖・ハチミツ・薄力粉の4つだけ。
いつもお家に常備してある材料だけで作ります。
作り方もとっても簡単で、泡立てて、焼くだけです。

お砂糖は何でも良いのですが、
玉子の風味とキレイな黄色を楽しみたいので白砂糖などの白いお砂糖がおススメです。

IMG_5123

しっとりフワフワな玉子ケーキ・・・と言う感じです。
とっても軽い口当たりで、ナイフやフォークを入れるとシュワッと音がしますよ。
まろやかな玉子とハチミツの風味が優しいおやつです。

焼成時間の違いで、カットした時に生地がトロリと垂れる仕上がりと、
垂れずにちょっぴりトロッとする仕上がりに作れるので、
レシピを見てお好みの焼き時間で焼成してくださいね。

写真は垂れずにちょっぴりトロッとする焼き上がりです。
焼き色のついた表面の下の部分がちょっぴりトロッとする焼き上がりが
個人的にはお気に入りです♪

ひよこ

【材料】

<18cmのケーキ型1個分>
玉子        280g
白砂糖       40g
ハチミツ     大さじ1
薄力粉       30g

※玉子はL玉なら4個、M玉なら5個くらいが目安ですが、サイズに関係なく全卵の溶き卵で280gあればOK。

【作り方】
  1. 1.

    泡立て用の湯せん用のお湯を用意。
    30cm幅のオーブンシートを18cmのケーキ型に合うように手で敷き込む。
    オーブンシートをガバッと手で押し入れて底を平らにし、側面はシワが寄っても良いので型に合わせてならす。
    型からはみ出たシートはハサミで切っておく。
    オーブンを170度に予熱する。

  2. 2.

    常温にした玉子・白砂糖・ハチミツをボウルに入れ、湯せんにかけながらハンドミキサーの高速で泡立てる。
    白くもったりしてきたらハンドミキサーを低速にしてキメ細かい泡を立てる。
    すくい上げるとユルユルと形を残しながら落ちるようになったら泡立て終了。

  3. 3.

    振るった薄力粉を生地に混ぜる。
    切るようにふんわりと優しく混ぜつつ、粉が残らないように外から中心にヘラを動かして「の」の字を描いてしっかり混ぜる。

  4. 4.

    生地を高い位置から一気に型に流し入れ、3cmくらいの高さからトントンと型を数回落として空気を抜き、オーブンで焼きます。
    焼き加減はお好みでどうぞ。
    中央が垂れる焼き上がり→170度のオーブンで10分、160度のオーブンで5分焼く。
    中央が垂れない焼き上がり→170度のオーブンで10分、160度のオーブンで8~10分焼く。

    ※型入れの時に生地が型から溢れそうでもしっかり泡立てていれば大丈夫。

  5. 5.

    焼き上がりはプックリと膨らんで、揺するとプルプル揺れる感じです。
    表面に均等に焼き色がついています。

     

  6. 6.

    オーブンから出したら、カステラを型に入れたままケーキ型よりも大きなステンレスのボウルをかぶせて冷ます。

    ※ボウルをかぶせて、冷ましながら蒸らして火を通していきます。

【つくり方のコツ・ポイント】

表面が焦げそうな時はアルミホイルをかぶせて調節します。
冷ます時はアルミホイルなどで覆っても良いですが、ボールのほうがカステラが上手く蒸れるし潰れません。

記事で紹介した商品

白砂糖 (1kg) 販売価格:300円(税込)

どんな料理や飲料にも合う一番一般的なお砂糖です。一般に上白糖とも呼ばれ、しっとりとしているのが特長です。日本で使われているお砂糖の約半分がこのお砂糖です。調理用・菓子用・飲み物などにお使いいただけます。


この記事を友達に教える 印刷する