トップページ > 公認レシピブログ > bonneママの愛情レシピ > キャラメル パヴェドゥ ショコラ(生チョコレート)

お料理はストレス解消。朝のお弁当作りから夜食まで時短レシピを目指してます。
普段、あまりお菓子作りをしない方でも気軽に作れるスイーツも提案します!

キャラメル パヴェドゥ ショコラ(生チョコレート)

掲載:2019.02.26

いわゆる石畳の生チョコレート「パヴェドゥ ショコラ」
パヴェがフランス語で石畳を意味します。

バットに流し込み、カットするだけなので
トリュフチョコレートよりも簡単!

今回はグラニュ糖と水でほろ苦いキャラメルを作って
キャラメルの香ばしさをプラスした生チョコレートを作りました。

大人にはグランマルニエ。
お子さんの場合はオレンジの皮をすりおろして
加えるとアクセントになります。

仕上げはココアパウダーや粉糖をまぶします。

一口ほおばるとお口の中であのトリュフチョコレートの感動が
楽しめますよ!!

【材料】

バット1枚分

スイートチョコレート:300g
無塩バター:50g
生クリーム:150cc
グラニュ糖:30g
水:小さじ1/2
グランマルニエまたはオレンジの皮:適量
粉糖:適量
ココアパウダー:適量

【作り方】
  1. 1.

    チョコレートを刻み、バターを入れ、湯煎で溶かします。

  2. 2.

    鍋に水とグラニュ糖を入れ、茶色になるまで煮詰めます。

  3. 3.

    生クリームを電子レンジで1分半温めます。

    グラニュ糖がカラメル色になったら温めた生クリームを加えて混ぜ、水飴を加えます。

  4. 4.

    溶かしたチョコレートのボウルに一度に加え、混ぜます。

  5. 5.

    グランマルニエまたはオレンジの皮のすりおろしを加えます。

  6. 6.

    バットにクッキングシートを敷き、流し入れ、冷蔵庫で1時間以上冷やします。

  7. 7.

    バットから出し、クッキングシートの上でお好みの大きさにカットします。

  8. 8.

    粉糖とココアパウダーをまぶして出来上がり。

【つくり方のコツ・ポイント】

チョコレートを溶かす湯煎の温度は60℃。

グランマルニエを加える際にはチョコレートがあまり熱くなくなってからにしましょう。

 

 

 

記事で紹介した商品

グラニュ糖 (1kg) 販売価格:308円(税込)

結晶が白砂糖(上白糖)よりやや大きく、さらさらした感じの高純度のお砂糖です。クセがなく淡泊な甘味なので他の素材の風味をじゃますることなく引き立てます。コーヒーや紅茶に入れる甘味料として使われることが多いのも、素材の風味を引き立てる特長をもっているからです。お菓子づくりにも最も一般的に使用されているお砂糖です。

粉糖(1kg) 販売価格:597円(税込)

コーンスターチを使用しない当社独自の製法でつくった粉糖です。パウンドケ-キやクッキー、洋菓子のデコレ-ション、チョコレート、バタークリームの練りこみなどにお使いいただけます。


この記事を友達に教える 印刷する