トップページ > 公認レシピブログ > 甘い時間 > 沖縄ぜんざい&クリームぜんざい | 日新製糖公式ネットショップ「カップ印マーケット」

お砂糖を使って過ごす甘い時間・・・。
お砂糖と身近な材料で手軽に作れるレシピを紹介します。
ブログを見て頂いた方に「これ作ってみたい」「これなら作れる」と思って頂けるようなレシピを作れるよう頑張ります♪

沖縄ぜんざい&クリームぜんざい

掲載:2013.09.30

きび砂糖など茶色いお砂糖家庭用小袋スイーツボトルタイプ粉末タイプお菓子づくり健康志向

クローバー線入り

IMG_4297

 今回は金時豆の甘煮を使って沖縄旅行の思い出の味と、
学生時代の懐かしい思い出の味をご紹介したいと思います。

金時豆はカルシウムとマグネシウムを多く含み、
食物繊維も豊富な女性に嬉しい食材です。
金時豆にカルシウム糖を使って普段の食事で摂り難い
カルシウムとマグネシウムの補給を狙ってみました。

カルシウム糖を大量に使うと豆の煮汁がカルシウム成分で白っぽくなりますが、
黒みつをプラスする事で問題が解決します。
白っぽかった煮汁の色も黒みつの色で濃なりますし、
黒糖の風味もついて美味しく出来きます。

IMG_4305

沖縄ぜんざい

7月の終わりに沖縄旅行に行った際に食べた沖縄の「ぜんざい」
沖縄のぜんざいはかき氷に黒糖で煮た金時豆の甘煮をトッピングした物です。
お店にもよりますが白玉がのってたり練乳をかけたものなど色々あるみたいですよ。

黒糖で煮た甘い金時豆とキメの細かい氷を混ぜながら食べると
シンプルなのにとっても美味しくて
沖縄来訪4回目にして初めて食べたぜんざいに感激しながら頂きました。

旅先で食べた味を忘れないうちに作ってみました。
かき氷に金時豆の甘煮と白玉と練乳をトッピング。
写真を撮ってる間に氷がどんどん溶けてしまい、
練乳もたっぷりかけているのですが滲み込んで分かりませんね。(涙)
ですがお味のほうは思い出の味に近い感じに出来ました。

IMG_4306

金時豆のクリームぜんざい

いつもは小豆で作るのですが、今回は金時豆で作ってみました。
柔らかく煮た金時豆で作るクリームぜんざいも小豆に負けないくらい美味しいですよ。

クリームぜんざいは小豆を煮ると食べたくなる学生時代の思い出の味です。
学校帰りによく寄り道してた食堂で食べてたクリームぜんざいが未だに忘れられません。
食堂では冷たい小豆のぜんざいにソフトクリームのみのトッピングだったんですが、
家ではアイスクリームと白玉をトッピングして自己流に楽しんでいます。

写真を撮ってる間にアイスが溶けちゃって分かり難いのですが
器の底には金時豆の甘煮がたくさん入っています。(汗)

IMG_4282

今回使ったお砂糖はカルシウム糖黒みつ

カルシウム糖は、大さじ一杯に50mgの豊富なカルシウムを配合し、
さらに骨の強化には欠かせないマグネシウムを配合した健康志向なお砂糖です。
※カルシウム成分を含むためカルシウム糖を1度に大量に使うと
煮汁などが白濁しますが味は変わりません。

黒みつは沖縄県波照間島産黒糖を100%使用しています。
黒砂糖本来のおいしさを存分に引き出した日新製糖さんの自信作の黒みつです。

 

クローバー線入り

【材料】

金時豆の甘煮
金時豆      250g(乾燥)
カルシウム糖   200g
黒みつ      50~70cc
水         適量
塩         適量
※乾燥豆250gは下煮後に540gくらいになります。

沖縄ぜんざい
金時豆の甘煮  適量
かき氷      適量
白玉       お好みで
練乳       お好みで

金時豆のクリームぜんざい
金時豆の甘煮 適量
バニラアイス  適量
白玉       適量

【作り方】
  1. 1.

    乾燥金時豆の下ごしらえ
    豆を洗い、半日ほど豆の量の5倍くらいの水につけ、
    つけ水のまま強火で沸騰させる。

    沸騰したら挿し水を2・3回して茹で、豆をザルにあげる。

    豆を水洗いして、再度、豆がかぶるくらいの水で煮て、
    沸騰したら弱火にし、こまめにアクをすくい、
    豆が煮汁から出ないように時々挿し水をする。

    1時間30分~2時間くらい煮て出来上がり。

    ※豆の入っていた袋の裏に書いてある手順等を
    参考にして下さい。

  2. 2.

    鍋に下ごしらえした豆と豆がかぶるくらいの水を入れ
    沸騰させる。

    弱火して、アク取りと
    豆が煮汁から出ないように挿し水をしながら
    好みの柔らかさに豆を煮る。

  3. 3.

    豆が煮えたら砂糖を3回に分けて入れる。

  4. 4.

    黒みつを入れる。

  5. 5.

    塩を入れたら出来上がり。

  6. 6.

    沖縄ぜんざい
    器に金時豆の甘煮を注ぎ、かき氷をのせ、
    さらに金時豆の甘煮と煮汁をかけ、
    練乳と白玉をトッピングしたら出来上がり。

  7. 7.

    金時豆のクリームぜんざい
    器に金時豆の甘煮を汁ごと注ぐ、
    アイスクリームと白玉をトッピングしたら出来上がり。

【つくり方のコツ・ポイント】

カルシウム糖と金時豆でカルシウムとマグネシウムを
たくさん摂取できます。

カルシウム糖を使うと煮汁が白くなりますが、
黒みつを足して色味と風味をアップ。

記事で紹介した商品

カルシウム糖 (750g) 販売価格:396円(税込)

カルシウム糖は、大さじ一杯に50mgの豊富なカルシウムを配合し、さらに、骨の強化には欠かせないマグネシウムを配合した健康志向なお砂糖です。骨粗しょう症などが気になる方にオススメです。


この記事を友達に教える 印刷する