トップページ > 公認レシピブログ > bonneママの愛情レシピ

お料理はストレス解消。朝のお弁当作りから夜食まで時短レシピを目指してます。
普段、あまりお菓子作りをしない方でも気軽に作れるスイーツも提案します!

自然の色合いきれいなプラムゼリー

掲載:2017.07.18

プラムの季節に必ず作るのがプラムをコンポートした
きれいな赤色のプラムゼリーです。

赤く熟したプラムを軽く煮てコンポートして
ゼラチンを加えただけの簡単ゼリー♪

 

今回使ったのはグラニュ糖です。

 

グラニュ糖はクセのない淡白な甘みで
ゼリーが甘ったるくなりすぎません。

【材料】

水:500cc
グラニュ糖:250g
プラム:1パック
ゼラチン:10g
お湯(80℃):100cc

【作り方】
  1. 1.

    鍋に水、グラニュ糖を入れ静かに煮溶かします。

    グラニュ糖が溶けたらプラムを加えます。

     

     

     

  2. 2.

    弱火~中火で静かに5~10分煮ます。

  3. 3.

    ゼラチンに80℃のお湯を入れます。

    プラムだけを取り出し、ゼラチンを加えて溶かします。

     

  4. 4.

    プラムを入れた容器に入れ、粗熱を取ります。

  5. 5.

    粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。

    一人分ずつ取り分けます。

【つくり方のコツ・ポイント】

なるべく赤いプラムを用意しましょう。

コンポートにするので熟しすぎていないプラムが最適です。

プラムの大きさにより煮る時間を調節して下さい。大きめは10分、小ぶりのプラムの場合は5分くらいが目安です。

記事で紹介した商品

グラニュ糖 (1kg) 販売価格:308円(税込)

結晶が白砂糖(上白糖)よりやや大きく、さらさらした感じの高純度のお砂糖です。クセがなく淡泊な甘味なので他の素材の風味をじゃますることなく引き立てます。コーヒーや紅茶に入れる甘味料として使われることが多いのも、素材の風味を引き立てる特長をもっているからです。お菓子づくりにも最も一般的に使用されているお砂糖です。

爽やかレモンシャーベット

掲載:2017.06.20

さっぱり爽やかなレモンシャーベット!!

今回使ったのは果糖です。


果糖はフルーツのデザートとの相性抜群。

果糖のすっきりとした甘みが
レモンの爽やかさをさらに引き立ててくれます。
甘ったるさのないすっきりとした甘みが気に入っています。

残ったスパークリングワインでフロートも楽しめます♪

 

【材料】

水:250cc
スパークリングワイン:150cc
果糖:100g
レモン汁:150cc
卵白:1個分
果糖:30g

【作り方】
  1. 1.

    鍋に水、スパークリングワイン、果糖を入れて沸騰させてから1分煮詰め、レモン汁を入れて火からおろします。

  2. 2.

    バットに流し、粗熱を取り、冷凍庫で冷やし固めます。ときどきフォークや泡立て器でかき混ぜます。

  3. 3.

    七分ほど固まってきたらメレンゲを作ります。ボウルに卵白を入れ泡立て、果糖を加えてさらに角が立つまで泡立てます。糖分が多いため、ねっとりとした重たいメレンゲです。

  4. 4.

    バットにメレンゲを加え、よく混ぜ、さらに冷凍庫で固めます。固まる途中、全体を混ぜると舌触りのよいシャーベットに仕上がります。


  5. 5.

    しっかり固まったら出来上がり。シャーベットは溶けやすいので器を冷凍庫で冷やして盛り付けます。スパークリングワインやソーダにレモンシャーベットをのせてフロートも楽しめます。


     

【つくり方のコツ・ポイント】

今回のレシピはスパークリングワインを使いましたが、お子さんの場合は水400ccで作りましょう。

記事で紹介した商品

果糖 (1kg) 販売価格:572円(税込)

果糖は、果物やハチミツなどに多く含まれる甘味料です。切れ味の良いすっきりさわやかな甘さで、梅酒などの果実酒から、お料理、お菓子作りにもお使いいただけます。低温時にはお砂糖の約1.5倍の甘さを得られるため、冷たい飲み物などには使用量が少ない分、カロリーを低減できます。常温以下であれば砂糖の使用量の2/3を目安にお好みに合わせてお使いください。

氷砂糖de梅酒作り

掲載:2017.06.13

南高梅の青梅と氷砂糖クリスタルで梅酒作り初チャレンジ!!
定番の自家製梅酒の作り方です。

今回、使ったお砂糖は、氷砂糖クリスタル (1kg)です。

氷砂糖クリスタルは、氷砂糖ロックに比べると小ぶり。

梅酒作りにはどちらを使ってもOKです!!

容器をひとつ用意すれば毎年作れますね(^o^)

【材料】

梅酒出来上がり量約2リットル強

青梅(南高梅):1kg(3Lサイズ)
氷砂糖クリスタル:1kg
ホワイトリカー:1.8リットル(1パック)
果実酒用の容器:4リットル容器梅酒材料

 

 

 

【作り方】
  1. 1.

    まず、容器を消毒します。
    焼酎(35度)を入れ、容器を振って全体に行き渡るようにまわし、中に残った焼酎は捨てます。

  2. 2.

    青梅を流水で丁寧に手で水洗いします。ザルなどにあけて水気を切ります。大きなキズや傷んだものは取り除き、キッチンタオルで水分をしっかり拭き取り乾燥させます。竹串や楊枝などで梅のヘタを取り除きます。エグ味防止になるのできれいに取りましょう。

  3. 3.

    容器に梅と氷砂糖を交互に入れていきます。

  4. 4.

    その上からホワイトリカーを静かに流し入れます。

  5. 5.

    しっかりと蓋を閉め、冷暗所で保管します。
    氷砂糖が溶けるまで週に数回程度、容器を動かして中の糖分を均一にしていきます。
    氷砂糖が溶けたら、3ヶ月、半年、1年待ちます。
    1年~1年半経ったら中の梅を取り出しましょう。

【つくり方のコツ・ポイント】

青梅を買ってきたらすぐに作ること!
南高梅を使う場合、アク抜きは必要ありません。
青梅のサイズは2Lサイズ以上がおすすめです。

記事で紹介した商品

氷砂糖クリスタル (1kg) 販売価格:658円(税込)

ロックと比較して粒径の大きさは均一で小さめです。果実酒をお作りになられる場合は、クリスタルとロックのどちらをお使いになってもできあがりにほとんど差はありませんので、お好みでお使いいただけます。

サクサク!パリパリ!ざらめクッキー

掲載:2017.05.22

ざらめの歯ざわりが楽しめるシンプルなクッキーはいかがですか?

白ザラ糖をたっぷりつけて焼きます。

今回使ったお砂糖は、白ザラ糖 (1kg)。

クッキーは簡単なようで
暑い季節はクッキー生地がベタベタして
扱いづらいですね。今回は、
クッキー生地を冷凍して切り分け焼く
「アイスボックスクッキー」
と言われるタイプのクッキーで作りました。

バターと卵と砂糖だけのクッキーは、
シンプルだからこそ
無塩バターと卵黄を使うと
より美味しく出来上がります。

クッキー生地をたくさん作っておき
冷凍しておけば3週間くらい持ちます。
いつでも焼きたてのクッキーが
食べられますよ!

 

【材料】

無塩バター:150g
砂糖:100g
卵黄:2個分
薄力粉:180g
白ザラ糖:適量

ボウルにバターを入れ室温に戻しておきます。


【作り方】
  1. 1.

    室温に戻したバターが指の跡が残るくらい柔らかくなったら、
    砂糖を入れ、ゴムベラですり混ぜます。

  2. 2.

    そこに卵黄を加え混ぜます。

  3. 3.

    薄力粉をふるい入れ、練らないようにざっくり混ぜ合わせます。

  4. 4.

    台の上にとって直径5cmくらいの丸い棒状にします。
    このとき、生地が柔らかすぎの場合、冷蔵庫か冷凍庫で一度休ませると成形しやすくなります。
    白ザラ糖を広げて転がして白ザラ糖をつけます。

    ラップをかけて冷凍庫へ入れ、1時間くらい休ませます。

  5. 5.

    オーブンを180℃で予熱スタート。天板にクッキングシートを敷きます。
    包丁で厚さ5mmに切り、間隔を空けて並べ、お好みで上にも白ザラ糖を。約20分焼きます。

【つくり方のコツ・ポイント】

バターを泡立器やハンドミキサーで混ぜるというレシピが多いですが、我が家では手かゴムベラで混ぜます。バターに砂糖を入れ、空気を含ませるように混ぜ、白っぽくなってきたらOK!

記事で紹介した商品

白ザラ糖 (1kg) 販売価格:360円(税込)

梅・果実酒用につくられた、大きな結晶のお砂糖です。その粒は氷砂糖より小さく、目ではっきり確認できる程の大きさで、平たい直方体になっています。砂糖としての純度が極めて高く、ある程度の高温までなら透明さを保つ事から、お菓子の原料によく使用されます。

簡単!いちごのトライフル

掲載:2017.05.11

トライフルは

カスタードやスポンジケーキ、フルーツなどを簡単に盛り付けた

イギリスのデザート。

スポンジにシェリー酒を含ませるのが本格的ですが、

お子さんにはシロップ、

大人にはブランデーを加えるとグッとおしゃれな味に。

ちょっと難しいカスタードクリームは電子レンジで簡単に作れます。
しかもトライフルはデコレーションがない分、初心者にもおすすめですよ。

今回、使ったお砂糖は、フロストシュガースタンドパック (300g)。


すぐ溶けてお菓子作りにとっても便利!!

スイーツがスッキリとした甘さに仕上がります。

【材料】

<カスタードクリーム>
卵黄:1個
フロストシュガー:大さじ2
コーンスターチ:大さじ2
牛乳:100cc
バター:10g

<スポンジ>
卵:4個
薄力粉:40g
フロストシュガー:80g

<盛り付け>
生クリーム:200cc
フロストシュガー:大さじ2
いちご:1パック

<シロップ>
水:50cc
フロストシュガー:大さじ2

【作り方】
  1. 1.

    まず、カスタードクリームを作ります。
    ガラスのボウルに牛乳、フロストシュガー、コーンスターチを入れてよく混ぜ、ラップをして電子レンジで1分40秒加熱します。
    そこにバターを加え、急いで泡立て器で混ぜます。


  2. 2.

    次に卵黄を入れ出来上がり。
    (表面が乾かないようにカスタードクリームに貼り付けるようにラップをして冷まします)

  3. 3.

    次にスポンジ作り。オーブンを180℃に予熱スタート。天板にクッキングシートを敷きます。
    卵は卵黄と卵白に分け、それぞれフロストシュガーを加えてハンドミキサーで泡立てます。
    卵白は泡立て器でメレンゲをすくった際に角が立つまで。

  4. 4.

    卵黄は黄色が白っぽくなるまで泡立てます。(マヨネーズのような色)
    泡立てた卵黄にメレンゲ半分を加えゴムベラで切るように混ぜます。

  5. 5.

    次にふるった薄力粉を入れ、最後に残りのメレンゲを加えます。

  6. 6.

    天板に生地を入れ、平らにならします。
    180℃のオーブンで20分焼き、冷まします。

  7. 7.

    焼いている間に盛り付けの準備をします。
    生クリームにフロストシュガーを加え八分立てに泡立てます。泡立て器ですくって角がたつくらい。
    スポンジに染み込ませるシロップは、水にフロストシュガーを入れるだけ。サッと溶けます。

     

  8. 8.

    スポンジを適当な大きさにカットして、シロップをスプーンで染み込ませます。


     

  9. 9.

    器にスポンジ、生クリーム、カットしたいちご、カスタードクリームを何層かに重ねます。

【つくり方のコツ・ポイント】

別立てのスポンジ作りは卵黄をしっかりふっくらとするまで泡立てること。
メレンゲや薄力粉を入れて混ぜる際は、泡を消さないように優しく切るように混ぜすぎないで。

記事で紹介した商品

フロストシュガースタンドパック (300g) 販売価格:280円(税込)

フロストシュガースタンドパックは、冷たい水にもサッと溶け、ソフトな甘さのお砂糖です。ヨーグルトやアイスコーヒーなどの冷たい飲み物にお使いいただける他、空気を含んだ顆粒ですので生クリーム、メレンゲ、スポンジ生地の泡立てなどのお菓子づくりにもおすすめです。