トップページ > 公認レシピブログ > bonneママの愛情レシピ

お料理はストレス解消。朝のお弁当作りから夜食まで時短レシピを目指してます。
普段、あまりお菓子作りをしない方でも気軽に作れるスイーツも提案します!

サクサク!パリパリ!ざらめクッキー

掲載:2017.05.22

ざらめの歯ざわりが楽しめるシンプルなクッキーはいかがですか?

白ザラ糖をたっぷりつけて焼きます。

今回使ったお砂糖は、白ザラ糖 (1kg)。

クッキーは簡単なようで
暑い季節はクッキー生地がベタベタして
扱いづらいですね。今回は、
クッキー生地を冷凍して切り分け焼く
「アイスボックスクッキー」
と言われるタイプのクッキーで作りました。

バターと卵と砂糖だけのクッキーは、
シンプルだからこそ
無塩バターと卵黄を使うと
より美味しく出来上がります。

クッキー生地をたくさん作っておき
冷凍しておけば3週間くらい持ちます。
いつでも焼きたてのクッキーが
食べられますよ!

 

【材料】

無塩バター:150g
砂糖:100g
卵黄:2個分
薄力粉:180g
白ザラ糖:適量

ボウルにバターを入れ室温に戻しておきます。


【作り方】
  1. 1.

    室温に戻したバターが指の跡が残るくらい柔らかくなったら、
    砂糖を入れ、ゴムベラですり混ぜます。

  2. 2.

    そこに卵黄を加え混ぜます。

  3. 3.

    薄力粉をふるい入れ、練らないようにざっくり混ぜ合わせます。

  4. 4.

    台の上にとって直径5cmくらいの丸い棒状にします。
    このとき、生地が柔らかすぎの場合、冷蔵庫か冷凍庫で一度休ませると成形しやすくなります。
    白ザラ糖を広げて転がして白ザラ糖をつけます。

    ラップをかけて冷凍庫へ入れ、1時間くらい休ませます。

  5. 5.

    オーブンを180℃で予熱スタート。天板にクッキングシートを敷きます。
    包丁で厚さ5mmに切り、間隔を空けて並べ、お好みで上にも白ザラ糖を。約20分焼きます。

【つくり方のコツ・ポイント】

バターを泡立器やハンドミキサーで混ぜるというレシピが多いですが、我が家では手かゴムベラで混ぜます。バターに砂糖を入れ、空気を含ませるように混ぜ、白っぽくなってきたらOK!

記事で紹介した商品

白ザラ糖 (1kg) 販売価格:360円(税込)

梅・果実酒用につくられた、大きな結晶のお砂糖です。その粒は氷砂糖より小さく、目ではっきり確認できる程の大きさで、平たい直方体になっています。砂糖としての純度が極めて高く、ある程度の高温までなら透明さを保つ事から、お菓子の原料によく使用されます。

簡単!いちごのトライフル

掲載:2017.05.11

トライフルは

カスタードやスポンジケーキ、フルーツなどを簡単に盛り付けた

イギリスのデザート。

スポンジにシェリー酒を含ませるのが本格的ですが、

お子さんにはシロップ、

大人にはブランデーを加えるとグッとおしゃれな味に。

ちょっと難しいカスタードクリームは電子レンジで簡単に作れます。
しかもトライフルはデコレーションがない分、初心者にもおすすめですよ。

今回、使ったお砂糖は、フロストシュガースタンドパック (300g)。


すぐ溶けてお菓子作りにとっても便利!!

スイーツがスッキリとした甘さに仕上がります。

【材料】

<カスタードクリーム>
卵黄:1個
フロストシュガー:大さじ2
コーンスターチ:大さじ2
牛乳:100cc
バター:10g

<スポンジ>
卵:4個
薄力粉:40g
フロストシュガー:80g

<盛り付け>
生クリーム:200cc
フロストシュガー:大さじ2
いちご:1パック

<シロップ>
水:50cc
フロストシュガー:大さじ2

【作り方】
  1. 1.

    まず、カスタードクリームを作ります。
    ガラスのボウルに牛乳、フロストシュガー、コーンスターチを入れてよく混ぜ、ラップをして電子レンジで1分40秒加熱します。
    そこにバターを加え、急いで泡立て器で混ぜます。


  2. 2.

    次に卵黄を入れ出来上がり。
    (表面が乾かないようにカスタードクリームに貼り付けるようにラップをして冷まします)

  3. 3.

    次にスポンジ作り。オーブンを180℃に予熱スタート。天板にクッキングシートを敷きます。
    卵は卵黄と卵白に分け、それぞれフロストシュガーを加えてハンドミキサーで泡立てます。
    卵白は泡立て器でメレンゲをすくった際に角が立つまで。

  4. 4.

    卵黄は黄色が白っぽくなるまで泡立てます。(マヨネーズのような色)
    泡立てた卵黄にメレンゲ半分を加えゴムベラで切るように混ぜます。

  5. 5.

    次にふるった薄力粉を入れ、最後に残りのメレンゲを加えます。

  6. 6.

    天板に生地を入れ、平らにならします。
    180℃のオーブンで20分焼き、冷まします。

  7. 7.

    焼いている間に盛り付けの準備をします。
    生クリームにフロストシュガーを加え八分立てに泡立てます。泡立て器ですくって角がたつくらい。
    スポンジに染み込ませるシロップは、水にフロストシュガーを入れるだけ。サッと溶けます。

     

  8. 8.

    スポンジを適当な大きさにカットして、シロップをスプーンで染み込ませます。


     

  9. 9.

    器にスポンジ、生クリーム、カットしたいちご、カスタードクリームを何層かに重ねます。

【つくり方のコツ・ポイント】

別立てのスポンジ作りは卵黄をしっかりふっくらとするまで泡立てること。
メレンゲや薄力粉を入れて混ぜる際は、泡を消さないように優しく切るように混ぜすぎないで。

記事で紹介した商品

フロストシュガースタンドパック (300g) 販売価格:280円(税込)

フロストシュガースタンドパックは、冷たい水にもサッと溶け、ソフトな甘さのお砂糖です。ヨーグルトやアイスコーヒーなどの冷たい飲み物にお使いいただける他、空気を含んだ顆粒ですので生クリーム、メレンゲ、スポンジ生地の泡立てなどのお菓子づくりにもおすすめです。

甘い卵焼きサンド

掲載:2017.04.30

カフェや和食屋さんなどで流行っている卵焼きサンド。

我が家では子供たちが大好きな甘い卵焼きをはさみます。

以前アルバイトしていたパン屋さんに教わった
サンドイッチのカットの際の手の添え方はプロっぽくてお気に入り!

今回、使ったのは白砂糖 (400g)(ボックスシュガーミニ)
チャック付きだからキッチンにそのまま置いて使えるので便利。

 

【材料】

卵:3個
食パン(サンドイッチ用)
白砂糖:大さじ3
マヨネーズ:大さじ2
サンドイッチ用パン
マーガリン
お好みでマスタード、カラシ

【作り方】
  1. 1.

    パンにマーガリンを塗る(お好みで粒マスタードやカラシを混ぜる)

  2. 2.

    卵を割り、白砂糖とマヨネーズを加えて混ぜる。


  3. 3.

    卵焼き器で卵焼きを作る。

  4. 4.

    パンの大きさに合わせて卵焼きをカットする。

  5. 5.

    サンドイッチをカット!
    3段くらい重ねてパンをつぶさないように軽く手を添えて切ります。

【つくり方のコツ・ポイント】

マヨネーズを入れることで簡単にふんわり仕上がります。
スクランブルエッグのときにもおすすめ!

 

記事で紹介した商品

白砂糖 (400g)(ボックスシュガーミニ) 販売価格:270円(税込)

どんな料理や飲料にも合う一番一般的なお砂糖です。一般に上白糖とも呼ばれ、しっとりとしているのが特長です。日本で使われているお砂糖の約半分がこのお砂糖です。調理用・菓子用・飲み物などにお使いいただけます。詰め替えずにそのまま使えて扱いやすいチャック付きボックスタイプの新パッケージです。

栄養満点!バナナマフィン

掲載:2017.04.21

今月から参加させて頂きますbonneママです。

部活に励む中学生、大学生の娘がいます。

20代に製菓学校に通っていたこともあり、面倒だと思いがちなお菓子作りの簡単なコツをたくさん載せていきます!!よろしくお願いします(^o^)

 

今回は我が家の定番「バナナマフィン」です。

アレンジでチョコを混ぜてチョコバナナマフィンも!

おやつに、朝食に、夜食に

多めに作っておくと便利。

カルシウムとマグネシウムが入ったカルシウム糖を使って

栄養満点のマフィンにしました。

我が家のマフィンは小さめ、焼き色はしっかり。

不足気味のバターは分量の半分を無塩マーガリンにすることで

生地に軽さも出ます。

【材料】

直径5cmのマフィン型約28個分

薄力粉:250g

ベーキングパウダー:大さじ1

バター:50g

無塩マーガリン:50g

カルシウム糖:120g

卵:2個

牛乳:60cc

バナナ:2本

お好みで板チョコ1~1/2枚

【作り方】
  1. 1.

    <準備>
    ・あらかじめバターとマーガリンはボウルに入れて室温に戻し柔らかくする。
    ・オーブンを180℃で予熱スタート。
    ・型にペーパーカップを敷く。

  2. 2.

    ゴムベラでバターとマーガリンをクリーム状にし、カルシウム糖を3回に分けて加え混ぜる。

  3. 3.

    溶きほぐした卵を2~3回に分けて加え混ぜる。

  4. 4.

    薄力粉とベーキングパウダーを一緒にふるい、牛乳と交互に2~3回に分けて加え、切るように混ぜる。はじめと終わりは粉にする。

  5. 5.

    バナナをフォークで粗めにつぶし、4に加える。

     

  6. 6.

    型に入れ、180℃のオーブンで25~30分焼く。

【つくり方のコツ・ポイント】
  • 本来、お菓子作りには無塩バターを使いますが、半分無塩マーガリンにするので有塩バターでも味にあまり影響はありません。
  • 砂糖はふるいにかけなくてもゴムベラで大きなかたまりをつぶすようにすればOK!
  • 卵を加えて混ぜている際、分離があると固く仕上がってしまうので分離しはじめたらその都度、材料中の大さじ1の薄力粉を加えて分離を抑えましょう。
  • バナナは皮に黒い点があるよく熟れたものが最適。
  • 板チョコを手で割って混ぜれば、チョコバナナマフィンに!

記事で紹介した商品

カルシウム糖 (750g) 販売価格:415円(税込)

カルシウム糖は、大さじ一杯に50mgの豊富なカルシウムを配合し、さらに、骨の強化には欠かせないマグネシウムを配合した健康志向なお砂糖です。骨粗しょう症などが気になる方にオススメです。