トップページ > 公認レシピブログ > スイート・トリップ

凝ったお料理に挑戦するのも楽しいけれど、
 毎日の丁寧な暮らしにつながるような、
 シンプルでハートフルなお料理を。

甘納豆入り抹茶寒天

掲載:2017.06.27

家庭用小袋スイーツ粉末タイプお菓子づくり

あずき缶だと粒々感がなかなかでないので、甘納豆をつかって

抹茶味の寒天を作ってみました。グラニュ糖の上品な甘さが抹茶にぴったりです。

夏のおやつにもおすすめです。

【材料】

・グラニュ糖(ボックスシュガーミニ)・・・・・50g

・抹茶・・・・・2g

・甘納豆・・・・・100g

・粉寒天・・・・・6g

・お湯・・・・・50cc

・水・・・・・500cc

【作り方】
  1. 1.

    50ccのお湯で抹茶をきれいに溶かしておきます。

  2. 2.

    鍋に水500ccと、グラニュ糖、粉寒天を加えて全体を軽く混ぜてから中火にかけます。

    火にかけたらすぐに泡だて器やスプーンなどを使って混ぜはじめ、

    休むことなく全体を混ぜ続けます。

  3. 3.

    温まってきたところで1の抹茶を加え、さらに混ぜ続けます。

  4. 4.

    沸騰してきたら弱火にし、さらに混ぜながら2分程度火にかけます。

  5. 5.

    流し缶や耐熱容器に甘納豆を敷き、上から静かに4を流し入れます。

  6. 6.

    粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固めます。

  7. 7.

    食べやすい大きさに切り、器に盛りつけたらできあがり。

【つくり方のコツ・ポイント】

寒天がダマにならないように、鍋に加えたら火からおろすまで丁寧に混ぜ続けることが大切です。

流し缶でなく、グラスに一人分ずつ作ってもいいです。

記事で紹介した商品

グラニュ糖 (400g)(ボックスシュガーミニ) 販売価格:280円(税込)

結晶が白砂糖(上白糖)よりやや大きく、さらさらした感じの高純度のお砂糖です。クセがなく淡泊な甘味なので他の素材の風味をじゃますることなく引き立てます。コーヒーや紅茶に入れる甘味料として使われることが多いのも、素材の風味を引き立てる特長をもっているからです。お菓子づくりにも最も一般的に使用されているお砂糖です。

グラニュ糖 (400g)(ボックスシュガーミニ) 販売価格:280円(税込)

結晶が白砂糖(上白糖)よりやや大きく、さらさらした感じの高純度のお砂糖です。クセがなく淡泊な甘味なので他の素材の風味をじゃますることなく引き立てます。コーヒーや紅茶に入れる甘味料として使われることが多いのも、素材の風味を引き立てる特長をもっているからです。お菓子づくりにも最も一般的に使用されているお砂糖です。

キャベツと豚肉の甘辛味噌炒め

掲載:2017.06.12

家庭用小袋和食粉末タイプお菓子づくり

野菜不足解消♪キャベツをたくさん食べられる、おいしくて簡単なみそ炒めを考えました。

シーズンなら、春キャベツがぜひおすすめです。

 

【材料】

・豚肉(切り落とし)・・・・・200g

・キャベツ・・・・・1/4玉

・キノコ類(お好みのもの)・・・・・1/2パック程度

 

<お肉下味用>

・お醤油・・・・・小さじ1

・白砂糖(ボックスシュガーミニ)・・・・・小さじ1

 

<甘味噌>

・お味噌・・・・・大さじ1

・甜面醤・・・・・小さじ1

・豆板醤・・・・・少々

・白砂糖(ボックスシュガーミニ)・・・・・小さじ1

 

その他

・ごま油・・・・・少々

・松の実’(あれば)・・・・・少々

 

 

 

 

【作り方】
  1. 1.

    お肉下味用の調味料を豚肉に加えて、お肉にもみ込むように混ぜます。

    甘味噌もあらかじめよく混ぜておきます。

     

     

  2. 2.

    フライパンにごま油をひいて、下味をつけた1の豚肉を焼きます。

    この時、お肉を広げるようにして丁寧に焼くことで、ボリュームが出ます。

  3. 3.

    お肉に火が通ったら、ざく切にしたキャベツを加えます。

    同時にお水50cc程度を加えて蓋をし、キャベツが鮮やかな緑色になって火が通るまで、蒸し焼きにします。

     

  4. 4.

    食べやすい大きさに切ったキノコを加え、全体を炒めます。

  5. 5.

    甘味噌を加えたら、全体に行き渡るように混ぜます。

  6. 6.

    調味料が全体に行き渡れば、器に盛りつけます。

    お好みで、松の実を散らせて出来上がり。

【つくり方のコツ・ポイント】

キノコ類は小さくなりやすいので、加えたら手早く仕上げてください。

調味料はあらかじめ混ぜて準備しておくと、手際がよくできます。

記事で紹介した商品

白砂糖 (400g)(ボックスシュガーミニ) 販売価格:270円(税込)

どんな料理や飲料にも合う一番一般的なお砂糖です。一般に上白糖とも呼ばれ、しっとりとしているのが特長です。日本で使われているお砂糖の約半分がこのお砂糖です。調理用・菓子用・飲み物などにお使いいただけます。詰め替えずにそのまま使えて扱いやすいチャック付きボックスタイプの新パッケージです。

白砂糖 (400g)(ボックスシュガーミニ) 販売価格:270円(税込)

どんな料理や飲料にも合う一番一般的なお砂糖です。一般に上白糖とも呼ばれ、しっとりとしているのが特長です。日本で使われているお砂糖の約半分がこのお砂糖です。調理用・菓子用・飲み物などにお使いいただけます。詰め替えずにそのまま使えて扱いやすいチャック付きボックスタイプの新パッケージです。

簡単♪手作りのちりめん山椒

掲載:2017.05.25

きび砂糖など茶色いお砂糖和食粉末タイプお菓子づくりクッキング

生山椒のシーズンがやってきたので、ご飯にぴったりのちりめん山椒を作りました。

きび砂糖で少しコクを加えて♪

お弁当のおかずにちょこっと添えるのもいいですし、

おにぎりの具としても、炊き立てご飯に混ぜるだけでも最高です。

【材料】

・ちりめん・・・・・100g
・山椒・・・・・・・・小さじ1~2(お好みで)

・お酒・・・・・・・200cc
・きび砂糖・・・・・大さじ2
・おしょうゆ・・・大さじ2

 

【作り方】
  1. 1.

    フライパンにちりめんを加えたら、中火で数分程度ちりから炒りします。

  2. 2.

    お酒を加えて沸騰するまで強火にする。(アルコール分をとばします)

  3. 3.

    きび砂糖とお醤油を加え、木べらで混ぜながら中火にかける。

  4. 4.

    水分がなくなる少し前に山椒を加え、水分がなくなったら火からおろし、
    バットなどにあける。

     

  5. 5.

    サラサラの状態になるまで時々混ぜながら乾燥させればできあがり。

     

     

     

     

     

【つくり方のコツ・ポイント】

お酒を加えたら、強火でアルコール分を飛ばすこと。

出来上がったらお好みですが、サラサラになるまで乾燥させると上品な味に仕上がります。

記事で紹介した商品

きび砂糖 (750g) 販売価格:410円(税込)

カップ印の大人気商品です。豊かな風味をもっているだけでなく、サラサラとした細かい粉末であることが特長で、おいしいだけでなく、料理やお菓子づくりに非常に扱いやすい点も好評のお砂糖です。

切り昆布と竹輪のうま煮

掲載:2017.05.10

家庭用小袋和食大粒タイプ

さっとできて、おつまみにも、箸休めになるひと品を考えました。

だし汁を使用して煮ますが、切り昆布からもうまみ成分がたっぷり出てくれます。

常備菜としてもおすすめです。

【材料】

材料(4・5人分)

・切り昆布・・・・・1パック

・竹輪・・・・・1本

<煮汁>

・だし汁・・・・・300cc

・白ザラ糖・・・・・・大さじ1

・みりん・・・・・小さじ1

・お醤油・・・・・大さじ1

 

 

 

【作り方】
  1. 1.

    切り昆布はさっと洗ったあと、食べやすい長さにするため、

    まな板の上にまとめて乗せて3~5回大きく刻みます。

    竹輪は、縦2つ切りにしてから8mm幅で斜め切りします。

  2. 2.

    だし汁とみりん・白ザラ糖・お醤油を加えて煮立たせ、

    アルコール分が飛んだところに、切り昆布と竹輪を加えて弱火で煮ます。

  3. 3.

    約10分程度、弱火のまま煮つけて昆布が柔らかくなったら

    器に盛りつけてできあがり。

【つくり方のコツ・ポイント】

煮汁は初めにさっと煮立たせて、アルコール分を飛ばすとまろやかで食べやすい仕上がりになります。

記事で紹介した商品

白ザラ糖 (1kg) 販売価格:360円(税込)

梅・果実酒用につくられた、大きな結晶のお砂糖です。その粒は氷砂糖より小さく、目ではっきり確認できる程の大きさで、平たい直方体になっています。砂糖としての純度が極めて高く、ある程度の高温までなら透明さを保つ事から、お菓子の原料によく使用されます。

お砂糖でしっとり♪照り焼きチキン。

掲載:2017.04.26

きび砂糖など茶色いお砂糖和食粉末タイプお菓子づくりクッキング

しっとりとした柔らかいチキンを食べたくて、きび砂糖を加えた水に漬けてから焼きました。

お砂糖効果で柔らかく中まで味が染みたおいしい照り焼きができます。

ご飯のおかずにも、お弁当にも、行楽にもおすすめです。

【材料】

材料(2人分)

・鶏もも肉・・・・・2枚

<下味>

・水・・・・・100cc

・きび砂糖・・・・・大さじ1

・塩・・・・・ひとつまみ

<たれ>

・きび砂糖・・・・・大さじ1

・みりん・・・・・大さじ2

・お醤油・・・・・大さじ1

・塩・・・・・ひとつまみ

 

・グリーンペパー・・・・・少々(あれば)

 

【作り方】
  1. 1.

    鶏もも肉は余分な皮を切り落とし、お肉の厚い部分には、火が通りやすいように、1cm幅程度に切り込みを入れておきます。

    ビニール袋に、下味の材料と鶏肉を入れ、30分漬けておきます。

  2. 2.

    漬け終わったら、軽く水気を切った鶏肉を2等分し、フライパンに皮目を下にして並べます。

    弱火で焦げ目がつくまで焼きます。

  3. 3.

    鶏皮から出た脂を使って、カリっと焼けたところで上下を返し、

    同様に弱火のまま、中まで火を通します。

  4. 4.

    いったん火を止めてから、たれの材料をすべて加え、

    そのあと中火にかけて水気がなくなるまでたれを絡めていきます。

  5. 5.

    器に盛りつけてできあがり。

     

     

     

     

     

     

     

【つくり方のコツ・ポイント】

鶏肉は火が通りにくく、焦げやすいです。

弱火で皮目からじっくり丁寧に焼いてください。

記事で紹介した商品

きび砂糖 (750g) 販売価格:410円(税込)

カップ印の大人気商品です。豊かな風味をもっているだけでなく、サラサラとした細かい粉末であることが特長で、おいしいだけでなく、料理やお菓子づくりに非常に扱いやすい点も好評のお砂糖です。