トップページ > 公認レシピブログ > こらそんの美味しい台所 > 塩が甘みを引き立てる『黒みつとさつまいもの蒸しパン』♪

美味しく・楽しく、そして賢くお砂糖とつきあっていきたいな♪お砂糖についてさらに学びながら何か提案できたらいいなと思っています。

塩が甘みを引き立てる『黒みつとさつまいもの蒸しパン』♪

掲載:2014.07.28

きび砂糖など茶色いお砂糖家庭用小袋スイーツボトルタイプ粉末タイプお菓子づくり健康志向

本格的に暑くなり、さっぱりしたものが食べたくなる時期です。

塩分を入れたドリンクも多く出ていますが、なかなか自分では作れませんね。

そんなときには塩分補給のためにも、少しだけ塩を効かせた蒸しパンを。

PIC_0141

黒みつとさつまいもの甘さを引き立ててくれるうえ、

味のアクセントになって食欲を刺激してくれます。

冷たく冷やして、たっぷりのお茶や麦茶と一緒に召し上がれ♪

【材料】

・直径7cmくらいのプリン型6個分

薄力粉 120g
ベーキングパウダー 小さじ1
白砂糖 35g
水 120ml

塩 小さじ1

さつまいも 中くらいの大きさ 1/2本

黒みつ 大さじ2~3くらい

揚げ油(サラダ油など) 適量

【作り方】
  1. 1.

    さつまいもは1cmくらいの厚みに輪切りにし、皮を剥いて1cm角くらいになるように切り、揚げます。

    油を切ったあと熱いうちに軽く分量外の塩をまぶしておきます。

  2. 2.

    薄力粉、ベーキングパウダー、白砂糖をボウルに入れ、泡立て器でグルグルよくかきまぜ、そこに水を加えて混ぜます。

    蒸し器に水を張り、コンロにセットして火を付けます。

  3. 3.

    生地に分量の塩を加えてサッと混ぜ、器に注いで揚げたさつまいもを5~6個ずつ入れます。

    十分に蒸気の立った蒸し器で15分ほど蒸し上げます。

  4. 4.

    蒸しパンを粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、食べる直前に黒みつをすこしかけていただきます。

【つくり方のコツ・ポイント】

・さつまいもを揚げたのは、香ばしさと甘さを出したかったからです。天ぷらなどをする際に、一緒に揚げておくのも楽です。また、揚げなくても、少し多めの油で焼いてもOKです。

・さつまいもは電子レンジでチンしてもいいですが、甘さは焼いたり揚げたりの方が上です。また、風味が変わります。

・さつまいもの甘みや黒みつをかける分、生地から白砂糖を減らしてあります。お好みで増減してください。

・さつまいもの代わりに甘納豆などを入れても美味しいです。

・蒸しパンミックス粉などを活用しても簡単に作れます。生地の作り方はミックス粉の指示に沿ってください。

・生地の半分に黒みつを入れて、1つのカップにそれぞれの生地を注ぎ、竹串で軽く混ぜて蒸すとマーブル模様になります。

記事で紹介した商品

白砂糖 (1kg) 販売価格:282円(税込)

どんな料理や飲料にも合う一番一般的なお砂糖です。一般に上白糖とも呼ばれ、しっとりとしているのが特長です。日本で使われているお砂糖の約半分がこのお砂糖です。調理用・菓子用・飲み物などにお使いいただけます。


この記事を友達に教える 印刷する