トップページ > 公認レシピブログ > 甘い時間 > ほろ酔い枇杷ゼリー

お砂糖を使って過ごす甘い時間・・・。
お砂糖と身近な材料で手軽に作れるレシピを紹介します。
ブログを見て頂いた方に「これ作ってみたい」「これなら作れる」と思って頂けるようなレシピを作れるよう頑張ります♪

ほろ酔い枇杷ゼリー

掲載:2014.07.14

果糖スイーツ粉末タイプお菓子づくり果実酒・シロップ

アイビー1

IMG_6994

小ぶりでキレイな枇杷を見かけたのでゼリーにしてみました。
果糖と白ワインを合わせたシロップで煮込み、ゼラチンを混ぜるだけの簡単レシピ。
ゼリーの部分はほんのちょっと、枇杷の美味しさを楽しむゼリーです。

IMG_6999

今回のレシピは枇杷の実が丁度1つ入るくらいの袋に入れて作る小さなサイズ。
上の写真のように詰めて、気心の知れたお友達や家族への手土産にもおススメです。

IMG_6998

白ワインの香りに包まれた枇杷が美味しいです♪
そして果物を使うレシピにはやはり果糖がよく合います。

キラキラなワインゼリーを身にまとった枇杷がとってもキレイな大人のデザート。
美味しい枇杷のあるこの時期に作ってみてくださいね。

アイビー

【材料】

枇杷ゼリー・12×7cmくらいの袋6個分
枇杷(1個35g前後)  6個
果糖         大さじ3
白ワイン      150cc
水         250cc
レモン汁       小さじ2
粉ゼラチン        5g

【作り方】
  1. 1.

    小鍋にお湯を沸かし、よく洗った枇杷を1分茹でる。
    茹でたら水に浸けて冷やし、皮を剥き、ヘタを取る。

  2. 2.

    お尻の部分の皮もお弁当用のピックなどで取り除く。
    皮と実の間にピックを入れて、グルッと回すと取れます。

    ※今回は丸い実を使いたいので種は取り除きません。

  3. 3.

    小鍋に果糖・白ワイン・水を入れて煮立たせ、枇杷を入れてフタをして中火で5分、レモン汁を加えて弱火で10分煮たら火を止めて冷ます。
    アクが出ていたら取り除く。
    出来上がりの煮汁の量が大体250~280ccくらいになります。

  4. 4.

    3が冷めたら煮汁50ccを小鍋に取り、ゼラチンを溶かしいれる。
    ゼラチンが溶けたら残りの煮汁も入れてよく混ぜる。

    ※ゼラチンは使用する物によってふやかしたり、そのまま溶かしたりするものがあるので、使用するゼラチンの説明に添って使ってください。
    今回はふやかさずにそのまま溶かすタイプを使っています。

  5. 5.

    4を氷水に入れてゼリー液の熱が取れたら枇杷の実を入れる。
    ゼリー液に少しとろみがついてきたら氷水からあげる。

  6. 6.

    袋に枇杷の実とゼリー液を入れて空気を抜くように袋の口を縛り、しっかりとゴムで留めて冷蔵庫で冷やしたら出来上がり。

    ※ゼリー液がこぼれてもゴムでしっかりと口を留めた後に水で洗い、きれいな布巾で水気を拭けば大丈夫です。

【つくり方のコツ・ポイント】

※ゼラチンは使用する物によってふやかしたり、そのまま溶かしたりするものがあるので、使用するゼラチンの説明に添って使ってください。
今回はふやかさずにそのまま溶かすタイプを使っています。
※ゼリー液がこぼれてもゴムでしっかりと口を留めた後に水で洗い、きれいな布巾で水気を拭けば大丈夫です。

記事で紹介した商品

果糖 (1kg) 販売価格:572円(税込)

果糖は、果物やハチミツなどに多く含まれる甘味料です。切れ味の良いすっきりさわやかな甘さで、梅酒などの果実酒から、お料理、お菓子作りにもお使いいただけます。低温時にはお砂糖の約1.5倍の甘さを得られるため、冷たい飲み物などには使用量が少ない分、カロリーを低減できます。常温以下であれば砂糖の使用量の2/3を目安にお好みに合わせてお使いください。


この記事を友達に教える 印刷する