トップページ > 公認レシピブログ > こらそんの美味しい台所 > お弁当にもぴったりの常備菜『れんこんのきんぴら』

美味しく・楽しく、そして賢くお砂糖とつきあっていきたいな♪お砂糖についてさらに学びながら何か提案できたらいいなと思っています。

お弁当にもぴったりの常備菜『れんこんのきんぴら』

掲載:2014.03.14

きび砂糖など茶色いお砂糖和食粉末タイプお菓子づくりクッキング

我が家ではごぼうやにんじんのきんぴらとともに好評なメニューです。

お弁当用にはれんこんを小さめに切り、時間がないときにはれんこんを薄めに切ったりと
いろいろ調整しやすいおかずです。

__ 5

今回の味付けではきび砂糖を使いました。やさしい甘さとごまとお醤油の香ばしさに、
常備菜のつもりで作ったのですが、2回ともその日のうちに食べきってしまいました。

ぜひこの調味料の組み合わせを試してみてくださいね。^^

【材料】

れんこん 200g

きび砂糖 大さじ2杯

しょうゆ麹 大さじ2杯

薄口醤油 小さじ半分

ごま油 大さじ1杯

煎りごま 大さじ1~2杯

【作り方】
  1. 1.

    れんこんはきれいに洗い、表面の色が気になるときにはピーラーなどで薄く皮を剥いてから3ミリほどの厚みで輪切りにします。

    大きいれんこんは、まず1/2、1/4に縦に切ってから輪切りにします。

  2. 2.

    中華鍋やフライパンにごま油を入れ、香りが立ってきたところで、すぐにれんこんを入れ、炒めます。

  3. 3.

    れんこんの色が変わって8割方火が通ったところで、きび砂糖としょうゆ麹を入れ、絡めながら炒めます。

  4. 4.

    火が通りきり、味も平均に馴染んだところで薄口醤油をまわしかけ、炒め合わせて香りを出したところで、最後に煎りごまを散らし、混ぜます。

  5. 5.

    器に盛り付けてできあがりです。

【つくり方のコツ・ポイント】

・しょうゆ麹を使わない場合は、普通の醤油を使い、量をお好みで調整してください。
また、その場合、小さじ半杯の薄口醤油は不要です。

・きび砂糖としょうゆ麹の割合はお好みで調整してください。

・れんこんを水にさらさず、すぐに炒めているのは、れんこんのでんぷんを利用して味をよく絡めるためです。すぐに炒めないときには変色してしまうので、れんこんは水にさらし、炒めるときにはよく水を切ってから鍋に入れてください。(水が撥ねて危ないので)

記事で紹介した商品

きび砂糖 (750g) 販売価格:410円(税込)

カップ印の大人気商品です。豊かな風味をもっているだけでなく、サラサラとした細かい粉末であることが特長で、おいしいだけでなく、料理やお菓子づくりに非常に扱いやすい点も好評のお砂糖です。


この記事を友達に教える 印刷する