トップページ > 公認レシピブログ > bonneママの愛情レシピ > 焼きリンゴ

お料理はストレス解消。朝のお弁当作りから夜食まで時短レシピを目指してます。
普段、あまりお菓子作りをしない方でも気軽に作れるスイーツも提案します!

焼きリンゴ

掲載:2017.10.25

秋冬のお菓子には茶色いお砂糖が合います。

アップルパイやりんごのジャムを作るのは大変ですが
焼きリンゴは、そのまま焼くだけ。

コクや香ばしさを楽しむために今回は三温糖を使いました。

 

焼きあがったときにたっぷりソースになるよう

三温糖、無塩バター、メープルシロップは溢れるくらい多めがいいですよ。

あつあつにバニラアイスを添えても美味ですね。

【材料】

りんご:1個
三温糖:大さじ1
無塩バター:大さじ1
メープルシロップ:大さじ1
シナモンパウダー:適量

【作り方】
  1. 1.

    りんごを洗い、芯を底1/4残してくり抜きます。芯抜きがなければ、果物ナイフとスプーンで少しずつ芯を取ります。

  2. 2.

    くり抜いた芯の穴の部分に三温糖、バター、メープルシロップを詰めます。

  3. 3.

    耐熱容器に入れ、上からシナモンパウダーをふります。

    200度のオーブンで30~40分焼きます。

     

     

  4. 4.

    竹串を刺してりんごが柔らかくなっていたら、出来上がり!!


【つくり方のコツ・ポイント】

りんごの大きさによって焼き時間は異なります。
上部が焦げてきたらアルミホイルをかけて焼きましょう。

記事で紹介した商品

三温糖 (1kg) 販売価格:334円(税込)

白砂糖(上白糖)と同じしっとりとしたタイプのお砂糖ですが、白砂糖に比べわずかながら純度が低く、黄褐色なのが特徴です。独特のコクがあり、白砂糖より甘みが強く感じられます。煮物に使うと風味よく仕上がるので人気です。煮物の他、佃煮、お菓子などにもよく合います。


この記事を友達に教える 印刷する