トップページ > 公認レシピブログ > こらそんの美味しい台所 > 白ザラ糖で作る『じゃばら茶』

美味しく・楽しく、そして賢くお砂糖とつきあっていきたいな♪お砂糖についてさらに学びながら何か提案できたらいいなと思っています。

白ザラ糖で作る『じゃばら茶』

掲載:2015.02.15

家庭用小袋ドリンク大粒タイプ

じゃばら、という柑橘をご存知ですか?

和歌山県の北山村というところの特産品として有名ですが、

我が家の近隣の農家の方が育てたらしく、

たまたまの地元のJAの直売所で黄色く熟したじゃばらを見つけました。

じゃばらの味は「にがうま」と言われるのですが、

そのままでは日常的に摂りづらいので『じゃばら茶』にしてみました。

ゆず茶などはジャムのように煮て作る方法もあるようなのですが、

今回は加熱せず、凍らせる方法をとって作りました。

だから、白ザラ糖と漬け込んだあとは置いておくだけ。

次の日にはもう飲めちゃいそうです。

DSC_2078

そこはぐっと我慢して、2~3日で飲めるようになります。

飲み方も、コップにきれいなスプーンで1杯分をとって、お湯を注ぐだけ。

PhotoGrid_1425131873064

じゃばらは花粉症の方にはおすすめな成分が含まれているとか。

おうちでゆったり過ごす…読書の時間のお供になんていかがでしょう。

【材料】

じゃばら 4個(今回は不要な部分をとって300gありました)

白ザラ糖 300g(じゃばらと同等を目安に)

清潔な蓋付きのガラスびん

 

【作り方】
  1. 1.

    じゃばらは丁寧に洗っておき、軽く包丁で切れ込みを入れて十文字に剥き、皮と中味に分けます。

    (国産しか見たことがありませんが、もし輸入品の場合、皮はお湯を使って洗うことをおすすめします)

  2. 2.

    皮はヘタのところをとってから、薄切りにします。

    皮は薄いので、特に白いところを取り除いたりしなくても大丈夫です。

  3. 3.

    皮はジッパー付きの袋などに入れ、冷凍庫で一度完全に凍らせます。

    急速冷凍室などがある場合は、そちらに入れると時間が短縮できます。

     

  4. 4.

    実の部分は種を取り除いたあと、細かく切ります。

    器の中でキッチンばさみを使って行うと手軽に、かつ、汁をこぼさずに済みます。

  5. 5.

    4.と凍らせた皮の部分、白ザラ糖を一度まんべんなく混ぜたあと、熱湯消毒をしてきれいにしたガラスびんに入れて、1日1~2回びんを揺すります。

    2~3日でできあがり♪

【つくり方のコツ・ポイント】

・凍らせると、茹でたり煮込んだりするよりも手軽にできあがります。

・びんから取り出すときは清潔なスプーンでとりだしてください。

・ザラメなどでもできますが、色が暗めにできあがりますので、グラニュ糖や、氷砂糖、白ザラ糖、白砂糖くらいまでがおすすめです。

・お子さんにはじゃばらの酸っぱさなどにより、砂糖を増やしてもよいと思いますが、お砂糖を減らすと日持ちしなくなります。

・できあがったら冷蔵庫での保存をおすすめします。小さめのガラスびんに小分けしたり、沢山作ったら、すぐに使わない分をジッパー付きの袋に小分けして保存してもいいですね。

記事で紹介した商品

白ザラ糖 (1kg) 販売価格:360円(税込)

梅・果実酒用につくられた、大きな結晶のお砂糖です。その粒は氷砂糖より小さく、目ではっきり確認できる程の大きさで、平たい直方体になっています。砂糖としての純度が極めて高く、ある程度の高温までなら透明さを保つ事から、お菓子の原料によく使用されます。


この記事を友達に教える 印刷する